女性でも受けられるクリニックでの薄毛治療の効果と種類って?

薄毛が気になる女性のクリニックでの治療方法の種類とその効果とは?

ここでは、毛髪再生外来のある皮膚科や、美容外科クリニックでの薬による治療や、外科治療について簡単に説明しています^^

自身での育毛薬(発毛薬)・育毛剤を使った治療で効果が感じられない場合や、自分の薄毛や抜け毛の原因がわからない場合、多少お金が掛かっても何とかしたい場合などに参考にしてみてくださいm(__)m

faga-014

クリニックでの治療の流れはこんな感じ・・・

1.まずはネットで最寄りのクリニックを探します

2.無料のカウンセリングWEB予約等で予約を入れます

3.予約が通った日にクリニックを訪れます

4.問診表に記入後、カウンセリングを受けます

5.診察を受けます

6.治療方法や施術に付いての説明や提案、頭皮の写真撮影など

7.通院開始

多少、はしょってますけど、だいたいこんな感じだと思います^^

クリニックにもよりますが、カウンセリング後に診療を受けるかどうかを聞かれると思うので、その後からが初診扱いって感じですね(写真撮影)とか(血液検査)、(その他)、ここからお金が掛かるって事です^^

番号で言うと、5番からが有料って感じですね。

クリニックにもよるんで、確認が必要ですけど・・・。

その後は、診断結果から提案された治療内容と、提示された治療費と相談して、クリニックに掛るか掛からないかは自分次第ですね^^;

⇒全国(一部地域)のクリニック情報はコチラから

⇒発毛サロンでの施術を見てみる

クリニックでの治療はどんなもの?

掛かられたクリニックによって、独自の治療方法や呼び名があって、一概には言えませんが、大体こんなものがあるっていうのをご説明しときますね^^

まず、、、

薬で解決できそうな場合は・・・

薄毛の原因で使用される薬が変わるとは思いますが、大体がFAGA抑制薬の「パントスチン」、びまん性脱毛症などにいいとされる「パントガール」、育毛や発毛効果が望める「ミノキシジル系女性用ロゲイン」、または漢方薬、、、

あるいは、これらと同じ効力のあるものが使用されると思います。

あと、クリニックでおすすめの外用薬やスカルプ系シャンプー、コンディショナーなどが勧められたり、使われたりするかもしれません。

この手は、購入後自宅で使っていくものになりますね。

ここまでは、診察、診断後は自宅で薬治療って感じになるので、特にクリニックでの施術を希望しないなら、ほぼ薬だけの代金ってことになります。

大体1回で1ヶ月分ってところでしょうか。。

ちなみに、ミノキシジルとかの外用薬で、効果が感じられるまでの期間て言うのは、人それぞれですが、大体、半年くらい使って・・・「こんな効果がありました」って感じかと思っとくほうがいいですね^^;

この手の治療は薬といえど、即効があるものではなく、かなり長い目で見る必要がありますよ。。

次は・・・

外科的治療とか・・・

ここからは、、、

薬の効果が出るまで待てない・・・

あるいは、、、

薬では効果が得られるかわからないような場合の、外科的治療について紹介してみますね^^

FAGAか、そうでないかでも治療は変わってくるので、どんなものがあるのかだけ覚えとくといいでしょう。

外科治療も、クリニックによって呼び名が違ったり、扱っている治療方法が違ったりすので、有名ドコロを挙げときますね^^

1.育毛メソセラピー

2.グロースファクター再生療法

3.HARG(ハーグ)療法

4.自毛植毛

①は・・・針を使わない薄毛治療として有名なもので、月に1回程度クリニックにて施術を受けます。

内容は、主に毛幹を再生し育毛や発毛効果を促すというもので、そのクリニックで使用している、ブレンドされた発毛カクテル薬液を、「レーザー」や「超音波」、「エレクトロポレーション法」などで頭皮に浸透しさせていくというもの。

コレにより、自宅で育毛剤や育毛薬を使用するより、頭皮の奥までの浸透を助け、育毛・発毛を促進させていきます。

②は・・・そのクリニック独自の、毛髪成長因子カクテル薬剤を「エレクトロポレーション法」や「ダーマスタンプ法」などで、頭皮全体、気になる部分の頭皮深層、毛根周辺に浸透させていきます。

③は・・・上記と同じで、成長因子をノンニードル(針なし)、あるいは注射によって頭皮に薬剤を投入するものです。

④は・・・薄毛が気になる、眉毛やうなじ、生え際などに、薄毛とは関係のない部分からの自毛を採取し、植えていくというもの。

切るタイプのFUT法と、切らないタイプのFUE法がありますね。

前者は広範囲の治療に向きますが、ドナー(毛包単位の自毛)採取部を縫い合わせるため、傷跡が残る可能性があります、後者は切らない代わりに、ドナー採取場所の傷は目立ちませんが、広範囲の治療には向かないです。

女性の場合、FUE法などでの狭い範囲の治療が向いていると言えますね。

メリットは・・・自毛植毛された毛髪は、成長を続けてくれるので、カツラやウイッグなどのような付けたり外したりの煩わしさがありません。

デメリットは・・・やはり高額になるということですね。。

グラフト(ドナー単位)の数で値段が変わりますから、広範囲ほど値段が高いってことになりますね^^;

大体こんな感じですが、他にも、そのクリニック独自の施術、治療方法があります。

ただ、問題なのは、、、自宅近くや、職場帰りの通える範囲内に、良いクリニックがあるかどうかということで・・・

施術方法によりますが、月に何度も通う必要はないと思うので、遠方でも問題なければ、自分の納得の行くクリニックを選ぶのがいいかもしれませんね^^

※遠いと通院費も馬鹿になりませんけど。。。

⇒全国(一部地域)のクリニック情報を見てみる