女性のFAGAやびまん性脱毛症治療に効果がある薬って?

加齢による薄毛や抜け毛の原因は沢山ありますが。。。

faga-005

治療に当たるにしても、その原因がある程度分かっていてこそ、効果が得られるというもの^^;

ここでは、まずは現在の薄毛の原因が何であるをはっきりさせた上で、それに見合った治療に進めるように、プチ解説しています。

まずは順序立てて進んでいきますね^^

女性にも発症するAGAとは?

遺伝性の高いAGA(FAGA)は、母方の祖父からの遺伝率が最も高いと言われていますが、その原因は、、、

男性ホルモンである「テストステロン」が、Ⅱ型5α-リダクターゼ酵素の影響で「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化し、毛乳頭細胞の発毛促進を妨げると言うもの。

元々、女性は女性ホルモンが豊富で、若いうちは男性ホルモンの影響をあまり受けませんが、加齢とともに女性ホルモンの分泌が減少することで、その影響を受けやすくなってしまうんですね。。

まぁ、コレは仕方ありませんよね^^;

こうなると、女性でもAGA⇒女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)って言います、、を発症することがあります。

ただ、遺伝要素が高くても100%発症するわけではなく、生活習慣や食生活など、後天的要素にも左右されるんですが、発症確率は高くなっちゃいますね。

4人に1人とか、3人に1人はって言われてますm(__)m

女性の場合も同じことが言えますね。

⇒育毛薬(育毛剤)の種類と購入方法はコチラ

FAGAかどうかを調べるにはどうしたら良い?

脱毛症外来のある皮膚科や発毛クリニックなどで、「AGA遺伝子検査」を受けたり、通販で販売されているキットを購入することで判明します。

この「AGA遺伝子検査」で判ることは・・・

男性ならば、将来的にAGAを発症する可能性は高いのか?低いのか?

また、AGA抑制薬である「フィナステリド系(プロペシア)」に対する、感受性の高低(効きやすいのか?効かないのか?)が判ります。

女性はフィナステリド系は使用できないので、、

今現在の薄毛の原因がFAGAによるものなのか?そうじゃないのか?が分かります。

これが分かれば、どういったものが効果があるのかが、大まかですがわかってきますよね^^

まず、FAGAだった場合、どんなに高価な育毛剤を使用したとしても、あまり効果はない可能性が、、、。

男性ならここで、AGA薬「プロペシア」や「アボルブ」などの出番ですが、女性、、、特に閉経していない女性には禁忌薬となっており、手で触れることも「ダメ」って書かれてます。

その訳は・・・

妊娠されてる方のお腹にいるのが男の子だった場合、生殖器に異常をきたす可能性が高いからなんですね。。

閉経後は飲むことは可能らしいですが、元々、女性には効果がないらしいです。。。

⇒AGA遺伝子検査キットと薬の購入はコチラ

では、何が効果的なのか?

薄毛や抜け毛改善、発毛にもいいとされてる、パントガールです!!

FAGAの抑制なら「アルファトラジオールを含んだパントスチン(外用薬)」がいいでしょう!

このどちらかと併用するなら・・・

「ミノキシジル」を含んだ育毛薬ですね。

これは、日本国内でも大正製薬の「リアップ」などが有名で、女性用なら「リアップリジェンヌ」とかがあり、処方箋なく薬局などでも購入できます。

本来ならミノキシジル系は、AGA薬(プロペシアとか)で脱毛症自体を抑えながら併用すると効果が大きいとされているものですが、女性には使用できず、、と言うか効果が無いので。。。

女性ホルモンを増やす効果がある薬を併用したり、経口避妊薬を用いることもあります。

薬名で言うと・・・クリニックなどでも処方される、、、

「女性用ロゲイン(ミノキシジル系外用薬)」や、女性に対しての育毛効果が唯一認められている服用薬、先に紹介した「パントガール(内服薬)」、FAGAを抑制する「パントスチン(外用薬)」などが有名ですね。

※女性用ロゲインは日本国内では「リアップリジェンヌ」と呼ばれてますが、ミノキシジルの含有量が少なめ(1%)に設定されてます、海外物は(2%)ですね

クリニックで薬治療となると、この3つが有力候補となるんじゃないでしょうか^^

ちなみに、この3つは、あくまでも薬なので副作用のでる可能性がありますが、パントガールは臨床データが少ないせいかも知れませんが、副作用が少ないことで有名です。

ミノキシジル系の塗布薬は、服用タイプのミノキシジルタブレットに比べると、副作用は少ないですが、全くないということはありませんから、気を付ける必要がありますね。。

かなり長くなっちゃいましたが・・・^^;

FAGAとびまん性脱毛症にいいとされているのは、上記の「パントスチン」、「パントガール」、「女性用ロゲイン」の組み合わせになります。

FAGAなら・・・

パントスチンで脱毛症の原因を抑制しながら、パントガールor女性用ロゲインで発毛や育毛を促す、、っていうのが一番いいんじゃないでしょうか^^

ちなみに薬系ばかり使用するのはちょっとっていう場合は、今ご使用になられてる育毛剤を、上記に組み込むといいですね。

例・・・

FAGA色が濃いなら、、、

◯パントスチン+パントガール

◯パントスチン+女性用ロゲイン

◯パントスチン+使用中の育毛剤(育毛サプリ)

のいずれか。

※ミノキシジル系外用薬は、他の育毛剤(外用薬)などとの併用は控えるようにとされています

※パントスチンとミノキシジル系外用薬との併用は問題無いとされていますが、特にどちらを先に使用するという決まりはないようです、、、

ただ、どちらも外用薬のため、頭皮に異常が出た場合は、併用を控えたほうがいいと思います

FAGA色が薄いなら、、、

「慢性休止期脱毛症(びまん性脱毛症)」など。

◯パントガール+女性用ロゲイン

◯パントガール+使用中の育毛剤(育毛サプリ)

とかですね^^

要は育毛薬と育毛剤の違いだけですし、人それぞれ合う合わないがありますから、組み合わせは自分で選んだほうがいいかも知れませんね^^

では、薬の選び方はこれでOKなので・・・

 

⇒自分に合った育毛薬(育毛剤)選びと購入方法はコチラ!